脱毛に関することって色々と分からないことが多いので解決しましょう

産毛の減りが悪いのはなぜ?

脱毛の光は、濃くてしっかりしている「黒」に反応します。

ワキやVIOの毛が、早く減っていくのはそのせいです。産毛もたしかに黒いのですが、他の毛に比べれば「灰色っぽい」「白に近い」という方がほとんどではないでしょうか。

背中は産毛が多いので効果が出るのが遅い

黒い毛は、どのような角度で見てもしっかり「黒だ」と思えますが、産毛の場合、「光の角度によっては見えない」「目をこらさないと、生えてるかどうかわからない」という方がほとんどかと思います。そういった「よく見えないレベルの毛」は、機械にとっても「どこに毛があるのかわからない」ので、機械がうまく反応せず、減りも遅くなってしまうのです。

機械から発せられている光は、「黒いところを道にして進む」という特徴があります。たとえ皮膚の奥にある毛が黒くても、表面にでている毛が白かったら、反応してくれないのです。

産毛だけでなく、白髪や金髪が脱毛効果をほとんど得られないのは、このせいです。光やレーザーによる脱毛の場合、産毛はほかの毛に比べてかなり減りが遅いので、その点は覚悟して通いましょう。

ハリ脱毛や、電気美容脱毛であれば、毛の濃さに関係なく毛を減らすことができます。また、皮膚の浅い部分に光を反応させるタイプの脱毛(ハイパースキン脱毛)なら、毛が薄くても反応しやすいという特徴がありますから、産毛の多い箇所はハイパースキン脱毛をしてみるという手もありますよ。

トップページへ

脱毛に関するQ&A|ムダ毛に関する悩みはサロンに行く前に解決するのが一番!記事一覧